茶室の炉があるお部屋

先日、茶室の「炉」があるお部屋
表替え工事しました。

最近の縁つき畳の場合は、
割と畳縁が目立たない色柄を選ぶ
傾向があるのですが
やはり茶室は黒や濃紺といった色が合いますね。

床の間もあるお部屋だったので、
床の間の板部分に紋縁(もんべり)を使った
薄縁(うすべり)も納めました。

基本的な紋縁は、上の写真のような
白黒の模様をしています。

ただ、紋縁も青や緑、茶など
さまざまな色と模様があります。
さらに、床の間用の畳表も
目の大きさや色合いが数種類あるので、
お好みに応じて選ぶことができます。

最後に炉畳の部分がこちら。

炉畳も、きちんと縁同士が合うと
気持ちが良いですよね。

ちなみに、今回のお客様は
「太麻表特等品」での表替えでした。

寒くなる前に
気になっていたお部屋が綺麗になった
とのことで、
とても満足していただけて良かったです。

斉藤畳店ホームページ
お電話はこちら