寒さがやってきましたね

少し前まで「暑い~」と汗をかいていたのに
雨の日が続き、朝晩だけでなく日中の気温も
下がってきました。

そうすると
冬前に準備したいことが、
ふと頭をよぎるのではないのでしょうか。

特に雪国は、冬場の天候が悪いので
「雪が降る前に」
と、畳を新調するお客様が増えます。

畳の床の部分とといえば
昔は、素材が「藁(わら)」だったのですが
昨今は断熱性能アップや
加工のしやすいさから
畳床に断熱材であるフォーム
入れた物が主流になっています。

このような↑断面図になっています。

ただ、何十年と長い間使っていると
中間に入っているフォームも
減ってくることがあります。

もし畳の上を歩いた時に

  • 段差を感じる
  • 凹みがあるような気がする
  • 足辺りが均一でない

ということがあれば
そろそろ畳を新調する時期です。

新しく畳を入れることで
お部屋の断熱性能もアップしますよ!

斉藤畳店ホームページ
お電話はこちら